top of page

デリカスペースギア


デリカスペースギア。平成11年式。

現在、走行距離が25万キロに近づきつつあります。

当然トラブルが結構あります。

まぁ、許容範囲内だとは思いますけれど。


ちょっと思い出すままにいくつか・・・


・キーレスが不安定

キーにボタンがついていて、それでドアを開けたり閉めたりするやつ。これが、めっちゃ近くに寄ってボタンを強く何度も押さないとドアを開けたり閉めたりできなくなったのです。電池を変えてもそう。全然使えないので、いちいち運転席側でキーを刺して開け閉めしてました。

とっても不便なんですね。大きな荷物を出し入れして、運転席側に行ってドアの開け閉めをするのが。

やっと、今年修理しました。今はとっても快調です。だけど長い間キーを刺して開け閉めしていた習慣が今でも残っていたりします。


・スライドステップが出たり引っ込んだり。

このタイプのスペースギア、左側にしかスライドドアがありません。この左のスライドドアを開けると、サイドステップがガーっと外に出てきて乗車しやすくなるようになっています。

面白いですよね。

このステップが、ドアを開けているにもかかわらず、出たり引っ込んだりするんです。危険極まり無いですね。(^^;

ドア開閉の検知スイッチが問題だろうとアタリをつけて、動きやすいようにグリスを塗ったらこの現象は出なくなりました。それ以来ずっと症状が出ていないので、大丈夫だと思っています。


・クラクション鳴りっぱなし。

これはちょっとびっくりしました。それまで、押してもなりにくくなっていたので、ちょっと強めに叩いて鳴らす感じでした。ある日、叩いたら、鳴りっぱなし。

「プーーーーー」と情けない音を出しながら車屋さんにいったのは懐かしい思い出となっております。(^^;


・屋根が凹んだ

いや、これは車のせいではありません。大雪が降った時、家の屋根の太陽光発電パネルから大量の雪が車に…。夜寝ている時に、雪が落ちる音は聞いたんですよね。大丈夫だと思ったんです。デリカの屋根硬そうだし。見事に凹んでいました。おかげで屋根を交換させていただきました。高かったです。みなさんも駐車場所には気をつけてくださいね!太陽光パネルはかなり雪が滑りますよ!


・エンジンがかからない。

夜は快調に家に帰ることができた翌日。キーを捻ってセルを回してもエンジンがかかる様子が全くありません。ディーゼルはグロープラグというのがあって、これでエンジンをかけやすくするのですが、これが全部ダメになっていました。考えてみれば少し前からエンジンが少しかかりにくかったので、おそらくその時からグロープラグが数本ダメになっていたのでしょう。この時、車を取りにきていただいて、グロープラグを交換したのですが、1年後同じ症状が起きました。その時はエンジンがかからなくなる前に持っていって交換したのです。さらに翌年も同じ症状。グロープラグの電装系がイカれているのではないかということになりそこを全交換。それからは快調となりました。


・四輪駆動から二輪駆動に切り替わらなくなった。

デリカスペースギアは四輪駆動ですが、駆動方式を後輪の二輪駆動と四輪駆動に切り替えるミッションがついています。

ある日、四輪駆動に切り替えたら、二輪駆動に戻らなくなりました。まぁ、致命的な故障ではないので修理をどうしようか悩んだのですが、結局直しました。現在は快調です。


・左のスライドドアが開かなくなった。

母親を病院に連れて行った時、その帰りのことです。行く時からちょっと左のスライドドアが開きにくいなぁと思ってはいたのです。で、病院から帰る時に母親を車に乗せてドアをなんとか閉めたら、もう開かなくなりました。先にも書いたのですが、デリカスペースギア君は後部座席のドアが左側しかないのです。家に帰っても母に車から降りてもらうことができません。ですので、慌てて車屋さんへ。なんとか開けていただいてそのまま修理へ。ドアを開けるプーリー(滑車)が割れていたそうです。


・ウインカーが片方つかなくなった。

ありがちなトラブルなんでしょうね。ある日、右にウインカーを出したらものすごい勢いでカチカチとなるのです。まぁ、合図が出ていれば良いかと思って運転していたのですが、家に帰ってびっくり。左のウインカーがついていないのです。整備不良です。事故を起こさなくてよかった。ウインカーのリレーの問題だったようです。みなさんも急にウインカーが早くなったら片方がついていないものと思って確認してみてくださいね!


・急に動かなくなった。

朝、事業所に向かうため、車に乗り込んでエンジンをかけました。エンジンも快調そうです。ギアをドライブモードに入れます。全くギアが繋がっている感じがしません。案の定、前にも後ろにも進むことができません。ミッションのオイルが劣化して詰まって切り替えができなくなったようです。暖かい日中になったら繋がったので、そのまま車屋さんに直行しました。これはちょっとビビりました。以前から少し思っていたのですが、ATではなく、MTにしておけばよかったと激しく後悔してしまいました。


・パンク。

これも車自体の故障ではないですね。先日隠岐に行った帰り。港から帰る時、妙に工事中の道路が多かったのです。多分そのせいだと思うのですが、朝車に乗って動かそうとしたら真っ直ぐ進まない。「あれ?」っと思って車を降りてみるとパンクしてました。う〜ん、仕方ないのですが、スペースギアのサイズのタイヤは一本おおよそ2万5千円します。一本だけ交換するわけにはいかないので、前のタイヤ2本、合計5万円近く出費がありました。


・ウインカーが反応しない。

パンクから1週間後、大阪に出張に行って帰ってきてから数日経った時。朝は快調だったのです。夜の7時ごろに事務所に移動するため車に乗り込むと、ウインカーが全く反応しません。車屋さんに引き取っていただいたら、ウインカーのリレーがダメになっているとのこと。新品のリレーに交換しました。今、ウインカーのタッチは新車のタッチと同じです。(๑>◡<๑)


まぁ、ざっとこんな感じですね。まだまだ細かいのはたくさんあります。25万キロが近くなるといろいろありますね。

今年、車検を通したので、まだ乗るのです。


さぁ、次はどうやって私を驚かせてくれるのでしょうね。

閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

社日桜

Comments


bottom of page