領域と主な接続から見る注意機能の資料

更新日:3月18日

これは短い資料です。

もう一般的にいわれているwhat systemとwhere system、能動的注意と受動的注意の模式図

になります。

誰かの何かのお役に立つのかもしれません。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示