展望台より


いや、松江で仕事があって外に出たいし、昼ご飯と、読みたい本があって、記録もとらなきゃ・・・

みんな一緒に済ませるために枕木山中腹のお寺の展望台へ。

本を読んでいたら雨雲が広がってきたので早々に退散してしまいました。残念。

以前、ボバース成人インストラクター、誠愛病院の林先生が神経生理学を学ぼうと思ったら、はじめから色々本を読むよりはじめはこの一冊と決めてそれを数回読んだら良いと話をされていました。その本に何が書いてあるか理解できるようになったらほかの本を読んでも解るようになるからと言うことでした。

そのときに紹介されたいくつかの本の中から、「脳と運動」(丹治順著)という本を買ってこれは5~6回読みました。だんだん理解できるようになってきて様々な先生方の講義がなんとなく聞いていて理解できるようになりました。この方法はおすすめです。

で、様々な本や論文を読んでいて、ふと以前読んだ本を読むと新しい発見があったりします。当時はよくわからなかった部分が解るようになってきていたり、ほかの論文で新しい知識だと思っていたら、意外に以前の本にも書いてあったり。

いま、「身体運動の制御と適応」という本を読みながら時々「ミラーニューロン」を読んだりして。結構面白いです。


ケンタッキーが美味しかった。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示