ボバーステーブル


ボバーステーブル(油圧式昇降テーブル)が届きました。

環境が少しずつ整いつつあります。

ボバーステーブルは昇降するので、安定性を担保しつつ多彩な姿勢を提供できます。

中枢神経疾患においては、そもそも姿勢制御の問題が大きいのでこのテーブルを利用できるメリットは大きいのです。

ただ、中枢神経疾患のみではなくて、整形疾患で身体の損傷が起きると脳に対する感覚のフィードバックが崩れるので身体図式が影響を受ける事は知られていて、身体図式の崩れから来る姿勢制御の崩れも回復の遅れや動きにくさの原因になりやすいので、病院勤務の時はとにかくよく使ってました。

開業する前に準備しておけばよかったのですが、いかんせん価格が・・・

退職金をもらわないとちょっと手が出せなかったので。


27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示