スケボーと運動学習 2

4/6

アップの時のバランスは良くなってました。

乗るのも大分なれてきている感じです。

プッシュって言うらしいですが、ボードを前進させるため後ろの足で道路を蹴る動作もバランスをあまり崩さずに出来るようになってきています。

まだ止まったりするのは上手くいかない感じです。

曲がるのは随意的にはまだ出来ません。

とりあえず滑っているボードになれるようにしていきます。

まだ前足だけで片足で乗っておくのになれていないので、止まれるのが上手じゃないのでしょう。

プッシュが出来るようになったら勢い左下肢の負担が多くなってきている印象です。

今日は20分ぐらい。


4/7

今日は、意図的に曲がることが少し出来るようになりました。

なんとなく曲がれるかな〜と思って、曲がったら曲がれた。まだ凄く緩やかですけど。

何度か曲がってみて、何で曲がれているのかと思って動きを見ていたら、ボードの前足はプッシュの時は進行方向に向いているのですが、曲げるためには進行方向に対して横になるようにステップをしているようです。それは、ボード上で左右への重心移動がしやすいようにしている様子。

昨日まではいったんボードに載せた前側の足を移動させることなんて出来なかったのですが、なんとなく出来てました。

それと、制止したボードにゆっくり乗れるようになってます。先に乗せた足に体重を乗せるとき、体重をかけすぎるとわずかな重心のブレがボードを滑らせるのでぴょんとジャンプするように乗っていたのですが、ゆっくりも乗れるように。また、止まっているボード上で重心を落としたり上げたりも左右にボードが滑るので出来なかったのですが、いつの間に蛾止まったボード上でしゃがんだりたったり出来るようになっています。

ボードの挙動が少しずつわかってきているようです。これは、言語で説明できません。何でこんなことが出来ているのかを論理的にはわからないのです。

なぜ、なんとなく出来る気がしたのかもわかりません。

おそらく無意識下の運動学習〜基底核か小脳のループでボードに乗るという場面での姿勢制御のパターンが生成されてきているのかもしれません。

今日は一度転倒しました。ここ2日ほど転んでいなかったのですが、残念なのは、転んだときの動画を撮っていないこと。転ぶと言うことがいかに自動的な制御に依存しているのかがわかる気がして動画を撮りたかったのです。

今日はカメラを忘れた・・・。

あと、今日は30分程度練習が出来ました。それにしてはあまり疲れていないです。

これも体力がついたと言うより、無駄な力が減ってきているのでは無いかと思います。

心肺機能や筋出力が数日で顕著な変化をするとは思っていないので。


4/8

今回は、連続4日目の練習。

運動学習はどんな状況かと興味津々で開始。

アップの動きはスムーズな感じ。

ボードにのるときもなんとか体重をすこしかけながらできるし、立ったりしゃがんだりも昨日ほどではないけどまぁ上手く出来ています。

で、実際乗り始めるとはじめは結構乗れない感じですぐに足を下ろしてしまうのです。

雑になっているのか?

丁寧に乗ろうとしてもやっぱりそう。

何度か繰り返すとなんとか乗れるように。

曲がることは昨日ぐらいの感じです。

昨日のようになんだか出来そうな気がするような動作はない様でした。

とりあえず止まる練習をすこしだけやってみました。なんとかすこし出来る感じ。

やはり全体的にすこし雑になっているのかもしれません。

すこしだけ慣れてきたせいとも言えますが、何かスケボに集中が出来にくい状態になっているのかもしれないですね。

注意の状態自体が悪いわけではなさそうで、練習を終えて「意識」の本を読んでいたのですが、それはいつも通り読み進めることが出来ました。

運動学習に関する知識からバイアスがかかっている可能性も高いですが、やはりスケボに対する学習効率が悪くなっていることも可能性としてはあります。

今日は転倒までは行かなかったけれど、何度もボード上からバランスを崩して足を下ろしています。

その際にみられるのは、上肢の外転要素の大きなぶん回し、体軸内回旋、ステップ、身体の回転など。いずれも無意識(非意識的)な運動です。これらの動きが出なかったとしても随意運動の麻痺に分類されるのでしょうね。そう考えるとなんとなく釈然としないモヤモヤした気持ちになります。


動画は本日(4/8)のものです。

(なんだか書いてて思ったけど、事業その物がたいへん暇なのが明白ですね・・・)



27回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示