お散歩とカメラ



歩く練習として、お散歩されておられる人は多いのではないでしょうか?

お散歩にカメラ一緒に持って行かれてはいかが?


花を撮ろうとして中腰になったりしゃがんだり。そのままカメラの位置を変えるのににじり寄ったり重心を左右に移動させながら手を動かしたり。

空を見上げて雲を探してみたり、電柱や電線も写真に撮ると良い感じになったりするので良い被写体やアングルを求めていろいろな姿勢を取ることになります。


その人が取り得る姿勢のバリエーションを多彩に取ることになります。

ですので、結果として姿勢制御システムが強力になることが期待できますよ。


暖かで花の綺麗な季節です。これからはチューリップとかも綺麗ですよね。


転ばないように、体に負担のない範囲で。

お散歩を楽しんでみてはいかがでしょう?





さっき、ゴミを捨てに行くときにカメラを持ち出しました。

それだけでも結構良い感じの写真が撮れたと思います。

これは、普段入らない川縁。少しあれた非舗装路に足を踏み入れて。


コーンを見つけて、自分の影と良い感じになるところを探しながら・・・


チューリップを発見してしゃがんでカメラのバックモニターを除きながら良いアングルを探して・・・


結構色々な姿勢や移動ですよね。

だけど、自分の身体機能と相談しながらやってみてくださいね。

閲覧数:0回0件のコメント