top of page

【観光】華蔵寺

更新日:2023年5月10日

松江の枕木山にあるお寺、華蔵寺とかいて”けぞうじ”と呼びます。

私の認識では、仏教は大きく、解脱のための修行を主とした流れと、人々を救うためにお経を読むことを主体とした流れに大別されるのでは無いかと思っております。明確に分類出来るものでも無いのかも知れませんけれど。

このお寺は、比較的人が行きにくい場所にあって、多分冬で雪が積もったら寺から降りるのもかなり大仕事になるのでは無いかと思われるところに位置しています。

ですので、修行を主体としたお寺では無いかと勝手に考えています。

行くのは大変ですけれど。

ただ、静かですし、景色も良いので私は時折訪ねたりしているのです。



入り口です。趣がありますね。ここには、杖となる木がたくさん置いてあります。右奥に見えるのが階段ですね。

一応数えてみました。余り正確では無いと思いますが、289段。片道おおよそ300段の階段があります。


案内の標識ですね。


最初の階段を抜けると見えてくる仁王門。かなり古い建造物のような印象があります。



階段には手すりなどはありません。一段一段ちょっとずつ傾きがあったりするところもあります。崩れてきた石段は時折交換されておられる様子です。


木で出来た橋。以前はもっと崩れていましたが、修復されてました。

橋の欄干にはこけがむしていてとても風情があります。


欄干です。


橋を渡っていると、強い光が降り注いでいたので、自分の影を撮ってみたところです。



不動明王ですね。

時々このお寺を訪れるのは、この像に会いたいのかも知れません。



階段や山道を登り切ると左手に本堂が見えてきます。

右手には展望台があります。



展望台です。大山がうっすらと見えますね。やや右手に見える島は、大根島。(タブン)

結構高いところにあるのがおわかりいただけるかと思います。


今回、華蔵寺を訪れたときに見た花たちです。



お寺には紅葉の木もあるので、秋にはやはり紅葉が美しいのです。


下から上まで階段は約300段。山道も歩いておおよそ片道1000歩ぐらいでした。

ちょっとした運動になりますね。(*^_^*)




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page